脱毛ラボVSリンリン【比較してみた】

銭湯や温泉などを訪れることがない限り、通常は人に自分のお尻が見られるということはありません。
そのため、全身の中でも特にムダ毛処理が疎かになってしまいがちな上にデリケートな部位ということもあり自己処理が難しいという特徴があります。
こうした点からお尻のムダ毛処理は脱毛ラボやリンリンでプロにお任せすることが最適であると言えます。
エステなどでお尻を脱毛する際には腰骨の下からお尻全体が範囲となります。
そして、脱毛ラボとリンリンでは脱毛方法に差異があることを理解しておきましょう。
リンリンで使用する機器は国産で特殊なフィルターが搭載されており日本人の肌に合わせて痛みを抑えた光を照射することができます。
一方で脱毛ラボはイタリア製の機器を使用し痛みが無い上に美白効果と毛を抑える効果があります。
リンリンに在籍しているスタッフは9割以上の方が正社員のため高い技術力を有している方が施術を行います。
同じく脱毛ラボも厳しい研修をクリアしたスタッフのみが工程に加わることができるようにされています。
リンリンは、コースを選択するのではなく施術したい部位を1箇所選択することができ、1年間で4回、2年間で8回、3年間で12回の保証になります。
脱毛ラボは、都度払いの制度を導入しており単発脱毛プランや部分6回プランが用意されています。
脱毛ラボもリンリンも相場よりも低価格でサービスが提供されているため利用者が金銭的な負担を感じることは少ないでしょう。

脱毛ラボには、月額制があり2ヶ月を過ぎればいつでも解約することが出来ます。
また、違約金や解約手数料もかからず負担が少ないです。

脱毛ラボの月額制は、全身脱毛6回で11,0778×12ヶ月で、途中解約も2ヶ月目以降なら可能です。
必用な回数は一般的には、12回(2年くらい)から18回(2~3年)が人気で、生活プランに合わせて必要な回数を通えます。
ただ、月額制は1年6回のプランでそれ以上の回数になると割高になるので、6回以上を希望するときには回数パックプランの方がよいです。

また、脱毛ラボは予約の取りやすさでも口コミで高い評価を得ています
施術を受けたあとに、サロンで次の予約をしたり、電話などで予約も出来ます。
空日なら当日の施術も可能で、パックプランの方が月額制よりも予約が優先して取れます。

リンリンの全身脱毛は4回で58,000円をかなりの格安です。
ただ、実感するには5回以上必要で、おすすめなのは8回98,000円です。
こちらの料金も、他のサロンと比べても安いです。

リンリンは、1回で全身を行ってくれて、1時間から2時間かかりますが、通う回数は減るので一回で纏めて脱毛をしたい人に向いています。

料金が安いと勧誘や化粧品販売などがありがちですが、リンリンでは一切ないので安心して通えます。
料金も明朗会計で、追加料金も一切かかりません。
店舗数が少ないのが難点ですが、近くにある場合で全身脱毛を格安で受けたいときにはお勧めサロンです。


>>脱毛ラボの全身脱毛キャンペーンを見てみる!