脱毛ラボは同意書があれば即脱毛!【未成年が脱毛する方法】

脱毛をしたいと思うのは何も大人だけではありません。未成年でも思春期になれば人目も気になるようになり、脱毛したいと考える人も多いでしょう。ただ法律的な責任をとることができない未成年は、契約に関することはできないというイメージがあります。未成年だと脱毛サロンを利用することはできないのでしょうか。
じつは脱毛ラボなら未成年でも利用することは可能です。ただし未成年の場合は本人の意思だけで利用することはできません。やはりお金が発生することでもありますので、そこは親権者の同意書が必要になります。言いかえれば親の同意さえあれば、未成年でも脱毛ラボに通うことができるのです。
脱毛ラボを未成年が利用する際に必要な同意書は、インターネットからダウンロードすることも可能です。ダウンロードした同意書に利用する未成年本人の名前と住所、連絡先、親権者の名前と住所、連絡先を記入し、捺印をします。この際に記入する名前や住所などは、必ず親権者本人が自署したものでなくてはいけません。
このように同意書さえあれば未成年でも脱毛ラボを利用することができますが、基本的には契約の際には親権者が同伴したほうがいいでしょう。契約に関することだけでなく、施術に関することも大人の判断力が必要になりますので、できるだけ親権者と一緒にカウンセリングを受けたほうが無難です。なお親権者の同伴なく脱毛ラボを未成年が利用する場合は、確認のための連絡を脱毛ラボ側からおこないます。連絡確認ができない場合は親権者の本人確認書類のコピーが必要です。

脱毛エステサロンで脱毛するのは今や大人だけでは無く、未成年でも美容に関心の強い人ならば脱毛する姿も珍しくはなくなっています。
脱毛エステも昔は高額な費用が必要でしたが、今では大分価格も安くなっていてアルバイトをしている学生などでも通う事は決して難しくはなくなっています。
大手の脱毛エステサロンの一つである脱毛ラボでも未成年でも脱毛する事は可能となっています。
ただ、注意してほしいのは他のエステサロンでも同様ですが未成年の場合は大人と同じ扱いという訳では無く、親の同意書が必要となります。
親の同意書があれば問題なく脱毛する事が出来るので、未成年は親の同意を得て同意書をまずは手に入れて下さい。
脱毛ラボで同意書が用意されているので印刷をし、その書類の必要事項を記載して捺印するだけです。
特に難しい事は無いですが、親の同意が得られない人の場合は未成年の内は脱毛ラボに限らずに脱毛サロンに通うのは難しいです。
なお、単に同意書を提出すれば良いのであれば自分で適当に親の同意が得られたように見せかければ良いのではないかと考えるかもしれないですが、親が同伴していない場合は親への電話確認が行われますので親がきちんと電話対応出来る状態である必要があり、親に内緒で同意書を用意するのは難しいです。
もし、脱毛ラボに通いたくてお金があるけれども親の同意が得られないという場合は、二十歳になるまでは我慢して大人になって同意書が不要になってから通うようにして下さい。


>>脱毛ラボの全身脱毛キャンペーンを見てみる!